ブラックジャックによろしく×レジデンシャルマネジメント

※この物語はフィクションです。内容を保証するものではありません。

  • 節税編
  • 生命保険編
  • 年金編
  • 決断編
医師の障害納税は2億円以上!?

医師が節税目的でマンション経営を選ばれる理由として医師特有の3つの要因があります!

高額な納税 確定申告時の追加納税 仕事上の出費が多い

衝撃!! 毎年これだけの税金を支払っています!!

衝撃!!毎年これだけの税金を支払っています!!

アルバイトをすると追加で納税も!?

常勤先以外にアルバイトをされる医師が多くいらっしゃいますが、その場合は確定申告をされることになります。その際に数十万、多い方ですと百万円を超える追加の税金をお支払いされるケースがございます。

確定申告での追加納税

これはアルバイト先での税率が収⼊の数%〜約10%(勤務先により異なります)のため実際の税率(確定申告後の税率)との差が生じる為です。

所得税法 第69条 損益通算 マンション経営による節税の仕組み

マンション経営を行うことによって、ローンの支払利息や建物の減価償却費、管理費などを必要経費として計上します。その必要経費が賃料収入を上回り赤字となった部分と給与所得を合算(所得税法第69条の損益通算)することにより所得税と住民税が軽減されます。

「赤字になるというのは損をしてるという事⁉」

心配はご無用です。これはあくまで帳簿上の数字の話で実際は出費を伴わないで大きな経費を計上できる減価償却費などがあるためです。

不動産所得(帳簿上)が赤字 損益通算 税金が軽減

毎月のご負担が無く開始いただけます。

毎月のご負担が無く開始いただけます。

医師のお金の悩み TOP5

1位 税金が高い

節税だけではありません!マンション経営にはこんなメリットも。

  • 生命保険(がん保険付)として万一のリスクに備えて

    団体信用生命保険(団信)は、死亡または高度障害状態になられた場合、がんと診断された場合、またそれが完治した場合でもローン残債が0円になります。マンション経営は長期にわたる資産運用となりますので、もしもの時のリスクをカバーできる団信は大きな安心となる非常にありがたい仕組みです。

  • 老後の備えや不労収入として人生100年時代到来‼ ついに政府も年金の限界を認める‼

    「人生100年時代」となり健康で長生きできる人生は幸せなことではありますが、実際は老後の生活に不安を抱く方が少なくはありません。2019年5月、ついに政府も年金などの公助の限界を認め自助で老後生活資金の準備を促す『「高齢社会における資産形成・管理」報告書』を発表しました。期待ができない年金の他に老後の生活資金の柱を自助努力で用意しておく必要があります。

  • 富裕層はなぜ不動産をもつのか?インフレや将来の相続への予防薬‼

    不動産投資は現金預金とは違いインフレリスクに非常に有効です。また、2015年の税制改正で相続税の基礎控除額が大幅に縮小となったことから多額の相続税を課される可能性のある富裕層の相続税対策としても優れた資産運用となっております。

税金対策 生命保険 私設年金 資産形成

メリットだけではありません!マンション経営にはリスクもあります。

マンション経営におけるリスクは、空室、賃料下落、金利上昇、将来的な修繕などがあげられますが中でも最も可能性が高く運営に影響を及ぼすのが空室リスクです。残念ながらこのリスクをゼロにすることは不可能です。しかし、確かな物件選びと購入後のリスクマネジメントによってリスクをコントロールし安心安全の不動産投資を作り上げることが可能です。

はじめての不動産購入を振り返ってオーナー様からのメッセージ

  • CASE.1

    オーナー 性別:男性 年齢:42歳 勤務形態:勤務医(脳神経外科)

    始める前は不安でしたがすぐに安心に変わりました。

    知人の医師の紹介でレジデンシャル マネジメント㈱を知り医師専門の投資用不動産会社と聞いたので一度試しに話を聞いてみることにしました。そこで改めて納税額を聞くとその金額に愕然とし節税目的でマンション経営を始めることにしました。最初は正直不安もありましたが確定申告の際の節税効果を実感して今は本当に始めて良かったと思っています。今では返ってきた税金で家族旅行へ行くのが毎年の楽しみになっています。

  • CASE.2

    オーナー 性別:男性 年齢:31歳 勤務形態:勤務医(消化器内科)

    節税効果に驚きでした。

    常勤先以外の複数の病院で勤務をしておりますが確定申告の度に多額の追加納税をしていました。それが投資用マンションで節税を始めたことによって約70万円の追加納税が約200万円の還付という結果になりここまで変わるものなのかと正直驚いています。日々の運用に関しても管理会社が全て行ってくれるので全く手間がかからず運営が出来ており、高額な税金、老後の年金など色々な不安が解消されて本業に集中が出来ています。

  • CASE.3

    オーナー 性別:男性 年齢:45歳 勤務形態:勤務医(血液内科)

    もしもの時の安心感が違います。

    知人の医師の紹介でレジデンシャル 僕がマンション経営を始めるきっかけになったのはがん保障付きの団体信用生命保険でした。がん保障付きの団体信用生命保険は死亡、高度障害に加えてがんと診断された時にもローンが無くなりますし完治して仕事に復帰できるようになってもローンは完済しているのがいいですよね。妻と娘二人がおりますがもし自分に何かあっても資産を残してやれるという安心感は日々の生活を充実したものにしてくれています。